イボ取りクリームランキング

イボ取りクリームが通販やドラッグストアなどで見かけるようになりました。
当サイトでは、おすすめのイボ取りクリームを紹介しますので参考にしてみてくださいね♪
レビューしてる商品もあります。
イボ取りならクリームが乾燥も防げます

艶つや習慣 イボを取るなら艶つや習慣

シルキースワン シルキースワンはイボを取る塗り薬

クリアポロン クリアポロンは肌のターンオーバーを正常にしてイボを取りやすくする効果があります

定期 2,052円(初回)
定期 3,283円(2回目)
単品 3,693円

 

・WEB限定商品
・全身に使える
・角質ケア+スキンケアポロリ成分のアンズハトムギ配合
・オールインワンゲル

 

>>レビューを見てみる

 

 

定期 2,980円(初回)
定期 5,400円(2回目)
単品なし

 

・ヨクイニンエキス、ハトムギ種子エキス配合
・リッチで爽やかなバーベラの香り
・送料・手数料無料

 

>>レビューを見てみる

 

定期 1,800円(初回)
定期 5,440円(2回目以降)
単品 6,800円

 

・Wヨクイニンに加え、植物由来の美容成分

 

>>レビューを見てみる

杏ジェル 杏ジェルならブツブツを取るオールインワンです アンミオイル アンミオイルはデコルテに出来たブツブツを取ります ぽっつるん ぽっつるんは自宅でブツブツを取りたい人にオススメ

単品 3,000円
定期 2,500円

 

・たまった古い角質を除去してくれるピーリングジェル
・用途が様々で足のニオイなども防ぐ
・毛穴汚れや黒ずみを目立たなくする効果が期待できる

 

>>詳細はこちら

 

トライアルセット 980円

 

・天然の「パルミトレイン酸」使用
・パルミトレイン酸が、皮膚を
柔らかくなめらかな肌にしてくれます。
・防腐剤不使用
・酸化しにくいオイル

 

>>レビューを見てみる

1本 3,800円
2本セット 7,400円

 

・皮膚科医がの開発

>>詳細はこちら

 

 

 

イボ取りクリームを選ぶ時のポイント

イボ取りクリームの選び方

イボ取りクリームを購入する際は、成分と肌への働きかけの違いに注目しましょう。
イボ取りクリームは、主に3つのタイプの製品に分けられますので、肌のコンディションに合わせて選ぶのがポイントです。

 

イボに直接働きかけるタイプ(排膿・解毒作用)

首周り、胸周りなど広範囲にイボがある方は、ダイレクトにイボへと働きかける排膿作用があるイボケア化粧品の使用がおすすめです。気になるイボに、有効成分を馴染ませるようにして使うと効果的です。

 

艶つや習慣 クリアポロン シルキースワン アンミオイル

 

肌の古い角質に働きかけるタイプ(ピーリング作用)

小さなイボが出来やすい方は、ピーリング作用があるイボケア化粧品がおすすめです。毛穴や角栓のケアにも効果的なので、顔のお手入れに使用すると美肌力がアップします。

 

杏ジェル

 

肌全体の代謝を促すタイプ(血行・新陳代謝促進)

肌のカサつきやゴワつきが気になる方は、肌代謝が低下しています。血行を促進する働きがあるイボケア化粧品を使用すると、イボ対策をしながら、若々しい肌を維持するためのエイジングケアが行えます。

 

ぽっつるん

 

当サイトでは、おすすめのイボ取りクリームを紹介しますので参考にしてみてくださいね♪

 


おすすめのイボ取りクリーム

艶つや習慣

全身のスキンタッグケアに!人気1の艶つや習慣

 

イボ取りクリームの艶つや習慣

 

艶つや習慣は、Web限定販売でありながら、シリーズ累計35万個を突破した人気No.1商品です。スキンタッグ、老人性イボといった古くなった角質の対策に有効なあんずエキスとハトムギエキスに加え、プラセンタエキスやヒアルロン酸などの美容成分を贅沢に配合しています。

 

目元、首元、胸元、全身のお手入れに使えるオールインワン化粧品のため、時短ケアで、潤いに満ちたなめらか肌へと導きます。

 

1日あたり約92円のコントパフォーマンスの高さも魅力となり、お客様満足度は97%と高評価です。

 

今なら初回限定10%OFFの通常価格4,104円が3,693円。
定期便コースに申し込めば、50%OFF&送料無料で2,052円。

 

首周りのポツポツ対策に!ハトムギエキス入りの艶つや習慣  

 

 


シルキースワン

首元のポツポツをなめらか肌に!

 

イボ取りクリームのシルキースワン

 

シルキースワンは、1日2回のスキンケアで首元のポツポツをキレイに!
肌に自信が持てる首美人を目指せる美容ジェルです。

 

古くからイボ取りに効果があるとして、漢方でも処方されるハトムギエキスとヨクイニンエキスの2つの成分を配合しているため、使い続ける事でなめらか肌へと変化していきます。

 

抗炎症作用を持つオウバクエキスやチャカテキンなど、肌に優しい植物エキスや美容成分をたっぷりと配合しているので、若々しい首元になれる化粧品と評判です。

 

Wヨクイニンパワーで首美人になる!シルキースワン  

 

 

 


クリアポロン

透明感のあるなめらか肌を目指したい方に必見!

 

イボ取りやスキンケアにクリアポロン

 

クリアポロンは、首、腕、顔のイボケア対策クリームとして、ポツポツ肌に悩む女性たちから、美活コスメとして支持されています。

 

Wヨクイニンに加え、植物由来の美容成分がたっぷりと濃縮配合されているため、使用満足度は驚きの90%♪

 

敏感&乾燥肌にも使える無添加コスメなので、デリケートな肌質の方にも安心です。
今なら毎月500名限定のお得なキャンペーンも実施中!
割引特典を利用して憧れのスベスベ肌を手に入れましょう☆

 

 

高リピート率!!Wヨクイニン配合のクリアポロン 

 

 

 


杏ジェル

スキンタッグがポロリ!自然派ピーリングの杏ジェル

 

イボ取りクリームの杏ジェル

 

杏ジェルは、古い角質の除去、くすみ肌の改善、体の臭い対策、毛穴の黒ずみケアなど、幅広い肌トラブルに効果的な肌に優しい自然派のピーリングジェルです。

 

肌を柔らかくするパルミトレイン酸を含んだ杏を主原料に、古来より角質のポツポツ肌の改善に効果的なハトムギ種子エキス、保水力を高めるナスエキスなど、厳選された素材を配合しています。スキンタッグのポツポツとした肌に、優しくジェルをこすりつけるだけで、なめらか肌へと導きます。

 

自然派ピーリングで肌に優しい!ぽろぽろ取れる杏ジェル  

 

 


アンミオイル

低刺激の角質ケア!

 

イボ取りクリームのアンミオイル

 

アンミオイルは、年齢肌を感じさせる角質粒などのポツポツ肌をなめらかにする杏仁オイルです。

 

杏仁オイルには、天然の「パルミトレイン酸」が豊富に含まれています。
パルミトレイン酸には、角質硬化で固くなった肌を柔らかくし、肌に潤いを与えながらスベスベの肌に仕上げる作用があるため、ポツポツ肌を気にしている方からの満足度は96%。

 

刺激成分のない肌に優しい杏を原料とした植物由来のオイルなので、肌が弱くデリケートな方にも安心です。

 

ヨクイニンエキス配合の肌に優しいアンミオイル

 

 


ぽっつるん

皮膚科医が開発したイボ取りクリームぽっつるん

 

イボ取りクリームのぽっつるん

 

ぽっつるんは、皮膚科医が開発したイボ取りクリームです。
古くからイボ対策に効果的な成分として、多くの人に愛されてきた「ハトムギエキス」を70%配合した高濃度クリームのため、スキンタッグや角質粒によるポツポツ肌の改善を促します。

 

こってりとしたクリームなので、凸肌にしっかりと包み込んで、有効成分を浸透させます。
首、顔、手、胸、背中など、全身に使えるため、気になる部分にサッと塗るだけの簡単スキンケアで、ガンコな肌荒れを解消します。

 

 

皮膚科医が開発!ハトムギエキス70%のぽっつるん 

私のイチオシは艶つや習慣!

いろいろと試してみましたが、私のイチオシは艶つや習慣ですね。

 

オールインワンで首や胸元以外に、顔にも使えてベタつきもなくさらっとしているので、お風呂上がりに気になるところに塗っています。

 

使い勝手もそうですが、やはりコスパが最強です。
容量が120グラムとたっぷりなので思いっきり使えます。

 

気になるイボやポツポツも減り、肌全体が明るくなりキメも整ってきました。

 

口コミでの評判もよく、成分、コスパとトータル的に艶つや習慣がおすすめです!

 

首周りのポツポツ対策に!ハトムギエキス入りの艶つや習慣 

スキンタッグの対処法!首、胸、まぶた周りのイボの悩み

イボ(スキンタッグ)について説明している女性

年齢を重ねるごとに、乾燥肌、大人ニキビ、シワ、たるみなど、さまざまなお肌のトラブルに悩まされるようになりますが、「イボ」も肌老化の1つである事をご存じですか?

 

イボは皮膚にできる腫瘍の一つですが、大きく分けると「良性腫瘍、ウイルス性、悪性腫瘍」があります。

 

皮膚のガンである悪性腫瘍と他の部位に移る可能性があるウイルス性のイボは、できるだけ早い段階で、切除施術が必要になります。

 

良性腫瘍は、スキンタッグ老人性イボ軟性線維腫アクロコルドンと呼ばれるもので、そのままにしておいても問題はありませんが、見た目の印象を損ねてしまいます。

 

特に、スキンタッグやアクロコルドンは、1〜3mmと小さなイボであるものの、首、胸、まぶたの周りなど、皮膚が薄い部位や衣類の摩擦が起きやすい部位に出来るため、炎症範囲が広がると目立ちます。

 

イボの症状は決して珍しい事ではなく、妊娠や加齢によるホルモンバランスの変化により、30代以降になると肌トラブルとして現れやすくなります。
年齢が表れやすいと言われる首周りにできると実年齢よりも上に見えるため、イボ対策エイジングケアの1つとして注目されています。


スキンタッグのイボをキレイに!お手入れ方法

イボ取りしている女性

スキンタッグなどの良性腫瘍は、病院や皮膚科クリニックで簡単に治療(切除)する事ができます。
美容目的による切除希望であったとしても、液体窒素やハサミを使った切除方法の場合、保険が適用されるため5,000円以内での施術も可能です。

 

しかし、イボ1つ単位での料金になるため、複数ある場合は全て取り除くとなれば費用がかさみます。また、イボは切除しても再び出来る事も多いため、「イボ取りクリーム」を使ったセルフケアでのお手入れが人気を集めています。

 

イボ取りクリームには、イボの改善に有効な成分が配合されています。
毎日のスキンケアに取り入れる事で、イボの除去や予防に効果があり、なめらかな素肌へと導く作用が期待できます。
イボ取りクリームは、1,000〜3,000円程度で購入する事ができるため、クリニックで切除するよりもコスト面での負担が低いところが魅力的です。
体の広範囲にイボがある方は、1つ1つ切除するよりも、イボ対策のスキンケアから始めるのがおすすめです。

 

イボケア化粧品を使用してもイボが改善しない、増えてしまった、イボが大きくなるなどの症状が起きた場合は、ウイルス性や悪性腫瘍の可能性もあります。
自己判断をせずに、気になる時は皮膚科に相談しましょう。

 

 

 

 


サプリメントとイボケア化粧品 効果の違いは?

イボ取りクリームとサプリメントの効果の違い

イボ対策には、体の内側からケアする「サプリメント」。
そして、体の外側からケアする「イボケア化粧品」を使ったお手入れ方法があります。

 

イボケアのサプリメントとして人気が高いのは、ハトムギを原料とした「ヨクイニン」です。ヨクイニンは、漢方や内服薬としても処方される安全性が高い成分で、新陳代謝を促し角質細胞の代謝を高める働きがあります。イボの排膿、解毒を促進するため、肌を滑らかにする効果が期待できます。

 

イボケア化粧品は、ハトムギやヨクイニン成分を配合したもの。角質の代謝を促す美容成分。ピーリング作用があるものなど、各メーカーから幅広い種類が販売されています。

 

サプリメントとイボケア化粧品。いずれも、すぐに効果が現れるものではありませんが、どちらも長期的にスキンケアを続ける事で、肌に変化が現れ始めます。

 

ただし、ヨクイニンは蕁麻疹、発疹、胃の不快感、下痢などの副作用の症状が現れる方もいるため、体に合わない場合は摂取を控えましょう。

 

イボケア化粧品も肌質よる相性があるため、自分の肌に合うものを選ぶ必要がありますが、サプリメントよりも幅広い種類が販売されています。
相性が良い製品を見つければ、保湿や角質ケアなど、イボケアと同時に美容効果が得られるというメリットがあります。


イボが出来る理由

首やおでこ、顔にイボのできる仕組み

脇や首といったピンポイントから全身にまんべんなく生じてしまうイボは発症する部位が異なるだけではなく、それぞれにより原因も異なるので対策するには各々に適した方法を講じる必要があります。

 

そうしたイボは大きく分類すると2つに分ける事ができ、それはウイルス性と非ウイルス性です。
ウイルス性の場合はまるでペンだこの如く固くなりしこりが感じられるのが特徴であり、医学的な名称は異なったものになります。

 

特殊なウイルスが表皮に生じている傷や爪の周辺に生じるささくれから入り込み、入り込んだ所で盛り上がった後周りに対しても次々と伝染させていく特徴があります。

 

人体の中で最も引き起こされやすいのが指であり、次いで足の裏なのですがどちらにも共通しているのは、全身の中でも取り分けて角質層が厚いという事です。
ウイルス性の場合は表皮や角質を好むため、角質が厚い所に集中して繁殖してしまいます。

 

つまり、逆説的に考えれば比較的皮膚が薄い所にあるイボは、ウイルス性である可能性は低い事になります。

 

また、イボで悩まれている患者の数は多いものの患者数が多い皮膚科においても、ウイルス性と診断されるのは300人のうち1人もしくは0人です。

 

一方、良性のイボの原因として最も割合を占めているのが遺伝であり、両親などにイボが多い場合子供も例に漏れず同じような場所に生じています。
遺伝性はもちろん比較的イボが少ない家系であっても、摩擦や紫外線により生じる恐れは高いので刺激を与えないように注意しましょう。

 

薬でイボを治療する方法

自宅で簡単に塗り薬でイボ取りができます

イボができると病院で診てもらったり、処方された薬で治療したり、市販薬を使って治すことができます。
薬で治療のが難しい場合レーザー治療や液体窒素などを利用することになりますが、保険が適用されない場合や適用されたとしても高額になるでしょう。

 

診察料も治療費用などがかさんだり、仕事や家事などで忙しいとなかなかクリニックには行けないという人もいます。

 

イボが自分で薬を使って治療することができ、例えば首にできたものの場合大きくきく分けて2つの種類があります。
1つは加齢などによる老化現象が原因になる「老人性イボ」と、もう1つは皮膚にウイルスなどが付着することによってできてします「ウイルス性イボ」です。

 

老人性のものには老人性疣贅と呼ばれているものがあり、ウイルス性のものにはいくつか種類があり尋常性疣贅や伝染性軟属腫、青年性扁平疣贅などの種類に区分することが可能です。

 

例えば老人性の場合はハトムギから抽出された「ヨクイニン」を利用した内服薬や外用薬などがあるので皮膚科で処方されたり、ドラッグストアなどで市販薬を購入することができます。
ウイルス性の場合はウイルスが広がらないように早めにイボを1つずつガスレーザーで処置したり、液体窒素で焼き切るような治療法を取られることが多くあります。

 

自分のイボがどちらのタイプかを確認し、老人性のものならそれに合った処置を行うことによって治療効果を高めることができるでしょう。


病院でイボを取る方法

イボの治療なら病院は美容クリニックでも可能です

イボができてしまうと気になってしまいますが、医療機関で治療を受けることで跡をほとんど残さずに除去することが可能です。

 

病院では大きく分けて3つの治療方法があります。

ハサミで除去をする方法

イボが出っ張った部分を切り取る方法で、麻酔をするので痛みを感じることもありませんが、跡が残ることからあまり行われていません。

 

液体窒素を使った冷凍療法

イボの直接液体窒素を吹き付けて凍らせることで、痛みを感じることなくあっという間に除去することができます。
特に足の裏などのイボを除去するときに行われる方法です。

 

炭酸ガスレーザーを使った治療方法

これは、美容クリニックなどで行われることが多い治療法です。
1cmをこえるような大きなイボになった場合は、液体窒素で除去するのは難しいので、メスを使って切除をしたり炭酸ガスレーザーを使って行います。

 

メスを使うときは痛みが出ないように麻酔を行いますが、炭酸ガスレーザーは患部に商社をすると一瞬にしてイボの組織を蒸発させて焼き切ることができます。
そのため痛みをほとんど感じることなくイボを除去することが可能で、施術後はクリームを塗ったりテープで保護をします。
かさぶたのような状態になるので、それが自然にはがれれば、ほとんど目立たない状態になります。

 

大きさや状態などによって治療方法は異なりますから、まずは医療機関を受診することをおすすめします。

 

 

>>トップページに戻る